その方の年収や現在の借入総額によります

当然可能だが、年収や現在の借入総額による

中小企業の経営者の方も、当然普通のサラリーマンの方々と同じように、キャッシングでお金を借りることができます。ただ、実際に審査に通るかどうか、借入可能金額がいくらになるかは、その方の年収や現在の借入総額によります。収入が少なかったり、他社からも含めて多額の借入をすでにしたりしていたら、審査に落ちたり借入限度額が小さくなったりするでしょう。

 

節税で自分の年収を小さくしている場合は不利

経営者の方の場合、生活にかかるお金もできるだけ経費にして、自分の収入は低く申告しているという方も多いはずです。そのほうが自分個人の所得税を節税できるからですね。これは合理的な方法ですが、会社の年商ではなく個人の年収が審査されるカードローンでは、これは不利になります(もちろん、そのようなことは覚悟の上でしょうが)。極端な話、年商が1億ある社長さんでも、節税によってご自身の年収を100万円と申告していたら、ほとんどその方は借りることができないということです。

 

 

ビジネスに使うお金なら、事業者向けローンもおすすめ

ご自身の会社を経営されている方なら、ビジネスのための融資を受けようとされているかも知れません。その場合、アコムやプロミスなどのいわゆる消費者金融系の会社でもなく、楽天銀行などの銀行のカードローンでもなく、事業者向けローンというビジネス用の融資を受けるという手もあります。

 

 

事業者向けローンは即日融資ができないのが欠点

一部の例外を除くと、事業者向けローンはその日のうちにお金を借りるということは基本できません。つまり即日振込みはないということです。なので、その日中にどうしてもお金が必要という資金繰りが厳しい場面では、事業者向けローンが役立つことは少ないです。

 

 

個人向けの場合、早く借りて早く返済するのが大切

事業者向けローンと比べて、個人向けのキャッシングは実質年率が高いです。なので、私の知り合いの経営者の方も急場をしのぐためにアイフルを使いましたが、かなり早く完済していました。少額だったら多少長い期間借りていてもいいかも知れませんが、経営者の方が借りる金額というと、特に事業に使う場合など、かなりの金額になることが多いので、この私の知り合いの方のように、いそいで完済するのがベストだといえます。そのためには、常に金利のシミュレーションなどを行い、自分の返済の現在状況を常に把握するようにすべきでしょう。